日常生活を改善するブログ

ガジェット体験や日常生活から得た気づきをシェアするブログ

【ライフハック】「バタフライボード2」を喫茶店でノート代わりに使ってみた感想。A3ノートにもなるフレキシブルな作りがナイス

いつでもどこでもホワイトボードはEvernote使いにはいいかも

お題「愛用しているもの」

いつでもどこでも気軽使えるホワイトボード「バタフライボード2」を喫茶店で実際に使ってきました。先週購入してから初めて出先で使ってみて、使い勝手はどうだったのか?以下の順番で感想を述べておきます。

・喫茶店のテーブルで利用できる大きさなのか?

・書きやすさはどうなのか?ノートのように使えるか?

・ノートサイズはA4で問題ないか?

・文字の消しやすさはどうなのか?消す時にホワイトボードが汚れないか?

・私ならこれからどう使うか?1日使ってみてのリアルな感想

ノートをホワイトボードにしてデジタル保存したいな、って思っている人の参考に慣れば幸いです。

・喫茶店のテーブルで利用できる大きさなのか?

これは問題なしでした。

大きさでいうと

12インチのパソコンとほぼ同サイズ

です。

下の画像は、愛機「Pixelbook」と重ね合わせてみたところ。

ほぼ同サイズでした。iPadPro、MacBookやレッツノートの12インチものをもってる人ならイメージしやすいかなと思います。薄い12インチ台のガジェットを持ち歩いているような感じです。

なので、喫茶店で広げてノートするにも快適に作業できるかなと。

私は快適にノートできました😁

Pixelbookと全く同サイズでした。

実感が湧く人は少ないかもですが、、、(笑)

・書きやすさはどうなのか?ノートのように使えるか

書きやすさは、「ほぼホワイトボード」です。

テーブルにおいての書き心地は全くもって一緒でした。

下が硬いところに置いて書く分には問題なし。

気持ちよくかけました。

ただ、膝の上に乗せて書いたり、立ちながら書くには向いていません。

材質なのか結構しなるので、テーブル以外の場所で書くと、ペラペラの紙に書いているようになって書きづらかったです。

裏表紙が厚紙とかだったらまた違ったかもしれません。

・ノートサイズはA4で問題ないか?

ノートサイズは、全くもって問題有りませんでした。

バラフライボード2は、A4、A5サイズの2種類が販売されていますが、

個人的にはノートの最大サイズを

・A3にしてみたい→A4サイズを購入

・A4で十分→A5サイズ

が良いと思います。

個人的に感心した部分でもあるのですが、

バタフライボード2の結合部分は特殊なマグネットになっています。

これがやたらフレキシブルでなんです。

普段は以下のようにくっついていて、普通のノートのような形状で、、、

分離させれば、A4サイズならA4単体と使えますし、くっつければA3ノートとして使えるようになります。このサイズを可変できるのってすごく便利だなと実感しました。紙のノートだと、なかなかA3サイズの用紙に書き込むのって難しいですが、バタフライボード2ならマグネットでくっつけるだけでOK。

ノートサイズを可変できるのは、バタフライボード2ならではだなと。

A3サイズでノートを書きたいって気持ちがあったらそれだけで「買い」じゃないかなと思います。普段はA5サイズのノートしか持ち歩きたくない、たまにA4がいいって人にもおすすめです。

ちなみにマグネットのところにホワイトボードマーカーの磁石はくっつけることはできました。考えながら書いている時に便利です。

付属のペンには磁石がついていないので、私は別途ホワイトボードマーカーを購入しました。

コクヨ イレーザー付きホワイトボード用マーカー マグネット付き 赤 PM-B100R

コクヨ イレーザー付きホワイトボード用マーカー マグネット付き 赤 PM-B100R

 

・文字の消しやすさはどうなのか?消す時にホワイトボードが汚れないか? 

ここは残念ながら、要改善ですね。

ホワイトボードマーカーのイレイサーで消したら、インクが取り切れず、職場によくある汚れたホワイトボード状態になりました(笑)

他のホワイトボードノートだとこうはならないのですが。

材質の問題なんでしょうね。

ちなみにメガネクリーナーで拭いたらきれいに取れました。

きれいに使いたい場合は、

・除光液+メガネクリーナー

はセットでもっておくと良いんじゃないかなと思います。

この辺、次期モデルでは改善もしくはクリーナーもセットでつけておくと、より親切になるのかなと感じています。

・私ならこれからどう使うか?1日使ってみてのリアルな感想

1日使ってみて、個人的には

持ち歩いて図解やブログ、サイト、ライティングのアイデアだしノート

として使う形になるなと感じました。

ノートサイズが可変で大きくいろいろスケッチ的にかけるのが素晴らしいなと。

特にA3サイズで書き込めるのはナイスなところです。どうしてもiPadやGalaxyNote、Pixelbook、電子ペーパーでも手書きはできますが、どうしてもサイズがA4が上限ですからね。

どんどんサイズを広げられる点が「バタフライボード2」の価値であり、必然性だなと。

・A3ノートを常々持ち歩きたいと思っている、でもサイズ的に諦めている

・出先でマインドマップや図解を思いっきりしたい

という人にはとっても向いているガジェットだと思います。

値段も4,320円とリーズナブルです。

手書きノートが好きな人はぜひ使ってみてください😁