日常生活を改善するブログ

ガジェット体験や日常生活から得た気づきをシェアするブログ

【書籍】紀伊国屋書店の店頭で見かけて気になった書籍3冊あげてみました

店頭を歩いてみて面白そうと思った書籍3冊

久しぶりに書籍ネタです。今日は川越の紀伊国屋の店頭で見かけて気になった書籍を3冊あげてみます。ちょうど先日ミュージック下ブックライター塾の課題でもあったので、提出の前にブログにもアップしておこうと思います。

残業学

会社が命じる「働き方改革」に違和感を感じているのもあって目にとまりました。会社が早く帰ろうとやっても、結局押しつけなのでなかなか浸透しません。ましてや残業が好きな人も結構います。なぜ働き方改革が進まないのか?理由と対策のヒントがありそう、「働き方改革」が叫ばれてる今の相場観にあっているかなとも思い選びました。

残業学 明日からどう働くか、どう働いてもらうのか? (光文社新書)

残業学 明日からどう働くか、どう働いてもらうのか? (光文社新書)

 

 

人の名前が出てこなくなったときに読む本

40を過ぎてきて、相対的に人の名前が出てこなくなることが増えてきました。インタビューするときに名前が出てこなくなったら一大事ですよね。年齢が40をこえたのもあって予防のためにも読んでみたいと感じました。団塊世代が後期高齢者の年代に差し掛かってきている中、相場をうまく読んでいる書籍なのかなと思います。

健康長寿の医者が教える 人の名前が出てこなくなったときに読む本 (ロング新書)

健康長寿の医者が教える 人の名前が出てこなくなったときに読む本 (ロング新書)

 

朝作らない!作り置きおかずのお弁当

共働きがまったくもって当たり前となっている現代、自炊する人の忙しさの種は毎朝の弁当だと思います。子供がいる家庭だともっと切実ではないでしょうか?毎朝のルーティンワークの生産性の向上は大事。一週間まとめて作るレシピは、朝の忙しさ解消に役立ちそうと思い選びました。

 

来週からブックライター塾が始まります。

楽しみです(^^)