日常生活の質を毎日0.2%改善するブログ

日常生活の質を上げるために必要な行動、考えをまとめたり、検証したことをかき殴ってみるブログ。

【電子書籍】Kindleの文章や図解をコピペしながら読みたいときは「Chromebook」で読むのが最強

Kindle読書端末にChromebookは一台持っておくと幸せになれる

今日はKindle書籍を愛機「Chromebook(Pixelbook)」で読んでいたところ、なにげにKindleの文章や図解をコピペしながら読みたい時は「Chromebook」で読むのが最強だと気が付きました。

ChromebookだとKindleのAndroid版がデスクトップで利用可能なのですが、これの使い勝手がいいです。Chromebookで使う場合、

・ウィンドウのサイズは可変(好きなサイズに拡大縮小できる)

・Kindleの文章はコピペ可

・Chromebookのキャプチャ(Shift+ctrl+□ボタン)で図解もコピペ可

なので、

Kindleの文章を読みながらキーフレーズや図解をGoogleKeepにメモる、Pythonの書籍でサンプルコードをコピーしてそのままLinuxシェルにペーストして実行なんていうことが簡単にできちゃいます。

これは結構わたし的に革命で。Kindleにはノート機能はあったのですが別ブラウザに保存されるだけだったのでその場でメモりたい、ノートに引用したいってときにすぐコピペできなかったので不満でした。

それがChromebookだとなんの苦労もなしにできると!これはかなり生産性が高いフローだと感じた次第です。

実際の画面です。右中央にあるのがKindleの読書画面。ウィンドウにしています。もっと小さくできますし、画面全体にすることも可能です。で、画面をタップすると文章をコピーできます。

大きいのはそれを例えばLinuxシェルのペっと貼り付けたり、

f:id:takemako:20190312204011p:plain

ツイッターにシェアしたり、

f:id:takemako:20190312205639p:plain

f:id:takemako:20190312205818p:plain

GoogleKeepに図解入りでメモれることです。

文章+画面キャプチャをワンタッチでノート化できます。

f:id:takemako:20190312205843p:plain

Kindleの文章や図解をノートにコピペしながら読みたいときって結構ありますよね。(多分)。でもスマホだとコピーしてもペースト先のお里が知れるし、タブレットでもアプリの切り替えが面倒くさくてやらないって人が多かったと思います。

そんなとき、Chromebookなら

・メモ帳とかGoogleKeepとかEvernoteに文章をワンタッチコピー可能

・ツイッターなどで共有も即時

でできちゃいます。

読書メモをとるのに便利きまわりないなといえるでしょう。もしあなたが読書メモ取る派だけどKindleのしにくさに課題をかんじていたら、Chromebookは結構課題解決の手段になると思います。ホントおすすめなので、ぜひトライしてみてください!

Chromebook | ノートパソコン | ASUS 日本
https://www.asus.com/jp/Laptops/Chromebook-Series-Products/