日常生活の質を毎日0.2%改善するブログ

日常生活の質を上げるために必要な行動、考えをまとめたり、検証したことをかき殴ってみるブログ。

【日記】ESTAを申請。個人連絡先の電話番号と滞在先の市町村の入力でつまづくも30分で完了できた。

お題「今日の出来事」

日記です。今月26日からのAWSのRe-invent2018への渡航のため「ESTA」を申請しました。アメリカへの入国の際に必要なオンラインの申請書類ですが、申請中、いくつかつまづいたところがあったので、今後のためにメモしておきます。

申請に必要なもの

・作業用パソコンもしくはタブレット

・VISAかMASTER、JCBのクレジットカードまたはPaypal

・30分ほどの作業時間

・パスポート

作業内容

日本語化された以下のESTAの申請ページにアクセス。

ホーム | Official ESTA Application Website, U.S. Customs and Border Protection
https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e1s1

ページの「個人による申請」から申請開始。

フォームの入力内容は以下のブログを見ながら記入。

ESTA(エスタ)の申請方法と記入例をご紹介 | aokitrader2
http://aokitrader2.com/esta-application#i-4

私がつまづいたところ:電話番号と住所

詳細に解説されているのでほぼ問題無いと思いますが、私が失敗してプチ悩みしたのが以下の二つです。

・個人の連絡先電話番号の記入

・滞在先の住所の入力

連絡先電話番号を入れるとき最初に「070-1234-5678」といれたら無効な電話番号となってエラーになりました。これがなんでダメか?というと最初に「070」と入れているから。国番号(日本の場合+81)もセットで入れる場合、

・先頭の「0」を外して「7012345678」と入力する

必要があります。

滞在先の入力では、今回ラスベガスなのですが「Las Vegas」とやったらNG、「las veas」でもNG、結局

・「LASVEGAS」(全部大文字スペース無し)

で入力したらOKになりました。

あとは特に問題無く手続きできました。都合30分ほど。

以上、ESTAメモでした。