日常生活の質を毎日0.2%改善するブログ

日常生活の質を上げるために必要な行動、考えをまとめたり、検証したことをかき殴ってみるブログ。

【PC環境】新幹線で利用するパソコンは画面がでかい「フリップ型」がいい。通常はパソコンスタイルで作業できるし疲れたときは動画鑑賞機にもなる

今週のお題「わたしのモチベーションを上げるもの」

フリップ型パソコンは新幹線出張に合うパソコン

昨日は今月購入したChromebook「Pixelbook」を持って新幹線乗車してきました。使ってみて新幹線で使うガジェットは「フリップ型」のパソコンが便利であると実感しました。なんで「フリップ型」が良いか?ですが、「フリップ型」は一石二鳥、オールマイティに使えると感じたからです。

新幹線の中では、行きは元気だったので車内で文章作成をしたり普通のパソコンスタイルで調べ物をしてました。

でも帰りはつかれて眠気もあったのでパソコン作業はやめ動画鑑賞と決め込みました。こんなとき普通のパソコンだと上の画像のようとおめでディスプレイを見なければなりませんが、フリップ型だと360度回転できるので、くるっと回転して以下のようなTVスタイルで動画鑑賞が可能です。

さらに角度をつけたければいかの写真のようなスタイルでの閲覧も可能です。

この鑑賞スタイルはタブレットで見るよりも快適です。タブレットだと立てかけられず手でも持つ必要がありますからね。このスタイルだとリクライニングを倒しながらも快適に鑑賞できるので気に入っています。

フリップ型はどんなスタイルにでもあうと思います。

荷物を少しでも減らしたい、だけれども車内ではデジタルガジェットをがっつり使いたいと思っていたら

「フリップ型を使ってみる」

ことをおすすめします。

Chromebookのおすすめのフリップ型パソコン

一番はこれ。重さ1.2キロ。解像度はフルHD。それでいて値段もPixelbookの半額ほどと値ごろ感ありです。