日常生活の質を毎日0.2%改善するブログ

日常生活の質を上げるために必要な行動、考えをまとめたり、検証したことをかき殴ってみるブログ。

【コスパ向上】日本経済新聞、日経MJ、日経産業新聞を「パソコン」かつ「月額課金なし」で読む方法

読む方法は「楽天証券のアプリ経由で日経テレコン」+「楽天証券モバイル版+Chromebook(もしくはiPad)の併用」がベストプラクティスです

コスパ向上生活術メモです。日頃ニュースソースは何を読まれていますでしょうか?社会人だと日経電子版をソースにしている方も多いと思います。しかし日経電子版系で悩ましいのが「月額料金」ですよね。日経電子版本体は4,200円しますし、日経MJをつけたら更に1000円増し、日経産業新聞を読もうとすると更に更に1,500円増し、トータルで「月額6,700円」ものお高いサービスになってしまいます。

f:id:takemako:20180718204707p:plain

f:id:takemako:20180718204739p:plain

ただ、日経MJに載るような記事は雑誌記事の先取りと言えますし、日経産業新聞は専門紙だけあって特にネット関係は強いので情報ソースとして抑えておきたい媒体でもあります。

じゃあ、そんな日経電子版も月額課金無しで読むにはどうすればいいか?ですが答えはシンプルで

「楽天証券提供のアプリ経由で日経テレコンを使う」

がまず最初の答えになります。

日経テレコンとは日経系の新聞記事をオンラインで購読できるデータベースサービスになります。

ただこちらのサービスは法人向けのサービスになっていて個人での加入は困難になっているのですが、ありがたいことに楽天証券が加入者向けに日経テレコンの閲覧サービスを提供してくれているんですね。正確には楽天証券に加入して「MarketSPeed」という楽天証券の取引アプリの中から利用できるようになっています。

以下のようにアプリに日経テレコンマークがあってボタンをクリックすることで日経テレコンにアクセスできます。

f:id:takemako:20180718205852p:plain

で、この「MaketSpeed」ですがOSはWindows、Mac、iOS、Androidとなっています。ここでミソなのが

日経テレコンのアプリは「Android」「iOS(iPhone用)」版をChromebook、もしくはiPadで利用すること

です。

なんでか?Windows版、Mac版だとアプリ内閲覧となるため、記事を読む際にアプリのウィンドウ内で読む必要があり視認性が悪いんです。これが「Android」「iOS(iPhone用)」版になるとChromebookであればクロームブラウザ、iPadであればSafariに遷移してくれるようになります。

ブラウザで読めると視認性は高くなりますし、Chromebookの場合Chrome拡張機能や他のAndroidアプリに連携が可能になるので、例えば記事をクリップや書き込みのメモも簡単にできちゃいます。

閲覧するだけならなんでも良いですが、記事のメモクリップなど読んだ先のことを考えた場合、利用する環境は

「ChromebookもしくはiPadでモバイル版MaketSpeedを利用する」

ことを断然おすすめします。

MarketSpeedで日経テレコンを利用する流れ

実際の使い方の流れは以下です。ものすごく簡単です。

アプリを開いて、、、日経テレコンのアイコンをクリック。

f:id:takemako:20180718205852p:plain

ブラウザ起動の問いかけがでるので「はい」をクリック。

f:id:takemako:20180718211327p:plain

そうすると同意ボタンが出てくるので「同意する」をクリック

f:id:takemako:20180718213059p:plain

そのあとは「今日の新聞」タブをクリックすれば日本経済新聞、日経MJ、日経産業新聞の記事をChromeブラウザで読めるようになります。EvernoteWEBCliperなどを入れておけばPDFや記事のクリップもボタン一つでOK。

PDFをクリックして表示と押せば紙版のスキャン記事も読めます。

f:id:takemako:20180718213647p:plain

 

f:id:takemako:20180718213704p:plain

f:id:takemako:20180718213820p:plain

 

f:id:takemako:20180718213842p:plain

あとはクリップさえすれば他のAndroidアプリで読み込んで赤入れしたり、、、なんてことも可能です。

f:id:takemako:20180718213934p:plain

ちなみに私はクロームブックのデスクトップにMarketSpeedを常駐させておいてクリック一つで日経テレコンを起動できるようにしてあります。WIndows版だとトップ画面に日経テレコンリンクが出てこないのでめんどくさいですが、Android版だとトップ表示にできるのでそこもおすすめの理由の一つです。

f:id:takemako:20180718214606p:plain

まとめ 無料で日経電子版を読めるMarketSpeedアプリはコスパ向上生活におすすめ、ぜひ導入しましょう

日本経済新聞、日経MJ、日経産業新聞をまともに読もうとすると月額7000円弱と決して安くないお金がかかります。このお金を浮かせられる楽天証券のMarketSppedはコスパ向上に役立つツールです。

楽天証券への申込みは必要ですが、一旦環境を構築してしまえばニュースの閲覧は快適そのもの。日経電子版を読みたいけどお金が、、、って人は是非利用を検討してみてください(^o^)

快適な日経電子版活用への道

利用するまでの道筋は以下です。ちょっと時間がかかりますけど、、、かんたんです。

1.楽天証券へ申し込む

www.rakuten-sec.co.jp

2.クロームブックを買うw

\

 3. MarketSpeedをChromebookにインストール

iSPEED 株取引・株価・投資情報 - 楽天証券の株アプリ

iSPEED 株取引・株価・投資情報 - 楽天証券の株アプリ

楽天証券株式会社posted withアプリーチ

 

 以上、日本経済新聞、日経MJ、日経産業新聞を「パソコン」かつ「月額課金なし」で読む方法の紹介でした!

良きニュースライフを(^o^)

お題「愛用しているもの」