日常生活の質を毎日0.2%改善するブログ

日常生活の質を上げるために必要な行動、考えをまとめたり、検証したことをかき殴ってみるブログ。

アラフォーがPython文法を楽に覚えられると思う教材について紹介します。Udemy、ドットインストール、書籍それぞれの感想【アラフォー事始め】

お題「愛用しているもの」

仕事で1年半AWSに関わってきましたが、苦手意識があってサーバーレスとかコーディングの部分は避けてきました。しかし先月、客先案件がフックでPython×Lambdaでインスタンスを自動更新する仕組みづくりをすることに。

いずれ必要となることとわかっていたのですが先延ばししていたのですが、まあ「いいタイミングか」と思い、サーバーレスに取り組んでみようやってみようと思ったのが先月半ば。ここ2週間ほどはPythonの基本文法を頭に叩き込みながら、便利なライブラリやネットで公開されているスクリプトを利用して色々作成している最中です。

私は形から入るタイプなので(笑)、文法を覚える際には色々手を出してみました。書籍、ブログ、オンライン動画、、、。
その中で今回は「アラフォーがPython文法を最初の覚えるのに良いと思う教材」を紹介します。ちなみに状況は以下な感じです。

バックグラウンド

・今までやってきたのはネットワーク。インフラ屋。来年40。
・AWS歴2年。提案とインフラ構築がメイン
・プログラムはシェルスクリプトをぎりぎりかける程度
・かつてJava、PHPでオブジェクト指向を書籍で学ぼうとして挫折
・勉強は仕事の合間か休日の朝くらい

勉強するにあたって手を出してみたもの

・書籍(みんなのPython、Pythonスタートブック、etc)
・オンライン学習サイト(ドットインストール、Udemy、Prog8)
・文法解説ブログ

性に合ったのは「Udemy」のオンライン講座

「Python 勉強」でググってできたものは一通り手を出してみました。その中で「何が一番いいか?」良かったかというと、「Udemy」の講座が一番わかりやすく学習が進みましたね。インプットする方法としてはオンライン学習サイトが全般的に効率が高いと実感しました。

特にUdemyは、
・講師の方による口での説明と実際の打ち込みを画面で見ながらコードを打つので、学習しやすい
・講座内容も環境構築から説明してくれる
・つまづいても講師に質問できるので、解説を聞いてもわからないところも個別に解決できる
・例えばわかりにくいクラスの説明も例えがうまく、他の箇所も「なぜそうなるか?」を話してくれるので理解が進むので頭に定着できる
・1講座1200円〜2400円と書籍一冊分くらいの値段で買い切りで受講可能

と個別指導学習に近い形でしかも格安で学習を進められました。

私が受講したのが以下の講座。文法に加えてスクレイピングなどについても学べます。受講したのはPythonの文法部分についてのみですが、解説がわかりやすく詰まるところはなかったですね。

みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習

また、今週からは文法に特化した講座も配信開始になりました。こちらも受講中ですがわかりやすいです。

みんなのPython講座 ゼロから少しづつ丁寧に学ぶプログラム

必須条件

プログラミングが全くの未経験でも問題ありません。
MacでもWindowsでも大丈夫です。

学習内容

Pythonのプログラミング技術が身につきます。
プログラミングの基本的な考え方が身につきます
ちょっとした計算、解析やWebスクレイピング用のツールとしてPythonが活用できるようになります
Pythonで文章を加工したり解析したりできるようになります
オブジェクト指向の考え方が身につきます
AIや機械学習、ディープラーニングを学ぶための下地が身につきます

受講対象

Pythonプログラミングを身に付けたい方
PythonがAIや機械学習を勉強する際の障壁になっている方
Pythonをビジネスで扱う必要に迫られた方
プログラミング学習の最初のきっかけが欲しい方
より効率的にデータを扱いたい方
WebアプリやAIに関しては概要のみとなります
文系の方、非エンジニアの方にもおすすめです

 

UdemyはCtoCのオンライン学習サイトなので値段は安く受けやすいのが良いところですね。書籍を買うよりも安くてすむのは何よりです。

f:id:takemako:20180413083403p:plain

ドットインストールとProg8はどうなのか

じゃあ、「他のオンライン学習はどうなの?そもそも書籍で良くない?ブログは?」ってところなのですが、

ドットインストールは復習用

Prog8は入門レベルすぎ

と感じました。

書籍は学生ならいいかも。

まずドットインストールは初学者にはつらいです。
講義の質が、
・シンプルすぎ、悪く言えば低品質
とでした。

講座での解説がシンプル。とかくシンプル。一貫して書き方のみの解説のみで「こういうときは、このように書くとこうなるのでこのように書きましょう」とひたすら早口で連呼しているだけ。

文法の理解にはなぜそうなるのかの説明が重要ですが、一切「なぜ?」対する解説がありません。この点、初学者が学ぶにはつらすぎました。授業にある文章は書けるけど、自分で書こうとすると手が止まること必至ではないかなと感じましたね。基本的な動きはひととおりわかっているけど書き方を忘れたからら復習として使う分にはいいと思いますが。あまりに一方方向な講義だったので私は続きませんでした。

次にProg8。こちらはスライドの解説を見ながらコーディングしてく形です。解説は丁寧ですがあまりにも入門過ぎます。文法のみの解説なのでこちらも同じく実践でなにかアプリを作ったり、APIを叩けるようにはなりませんでした。

書籍→時間がある学生にはいい、もしくはリファレンス、ブログはピンポイント活用

書籍ですが、これは内容どうこうよりちょっと老眼が入ってきているアラフォーにはきつかったです(苦笑)。職場と家でやるにも紙は荷物になるし、かといって電子は固定型なので読みづらいしで、時間のないサラリーマンには書籍で学ぶスタイルは合わなかったですね。躓いても質問できないし。落ち着いて取り組める学生ならありかと思います。

そしてブログ。これは実践的でいろいろためになるブログがあるのでいいのですが体系的に学ぶには不便ですね。ピンポイントでわからないところを解決するにはこれ以上ないですが探す手間もあるので一長一短です。わからない事柄へのリファレンスとしてはいい良いと思います。

Pythonを学ぶおすすめフロー 取っ掛かりはオンライン学習がおすすめ

最後に「いざPythonの文法を覚えるのにはどうやればいいのか?」おすすめの勉強法をまとめておきます。
勉強法としては
「Udemyで動きを覚える」

「お手本コードをネットで探す」

「自分で動かす」

「わからないところは書籍、ブログを参照」

わかってきたと思ってきたころに「動画で復習」

するのがいいと思います。取っ掛かりはオンライン動画で学ぶのがポイント。

画面片手に聴きながら手を動かせる、わからないところは質問できる、なにより低コスト、どこでも勉強できるのがいいと思います。取り組むに対するインタラクションコストが低いのは、初学者には重要です。

私自身、オンライン学習には最初半信半疑でしたが使ってみて良さはわかりました。(受けた講座の質が良かったところが大きいですが。)

10年前にはなかった学び方ですから、馴染みは薄いと思いますが書籍で学ぶより効率がいいと思います。

何か学び始めるときは「オンライン学習でやってみる」ことをアラフォー諸氏にはおすすめします!

みんなのPython講座 ゼロから少しづつ丁寧に学ぶプログラム