日常生活の質を毎日0.2%改善するブログ

日常生活の質を上げるために必要な行動、考えをまとめたり、検証したことをかき殴ってみるブログ。

Googleの音声入力で句読点を認識するようにGoogleにリクエストしましょう!

お題「愛用しているもの」

今日は音声入力についてのメモです。自宅でブログを書いたり、メールを書く、メルカリに返事をする際によく「音声入力」を利用しています。

音声入力の方法は

・アプリ→Googleドキュメント

・入力装置→iPhoneSE

の組み合わせでやっています。

なぜGoogleドキュメントか?変換精度の面では「Google音声入力」が一番なのでGoogleドキュメントを利用しています。

入力装置はiPhoneSEです。なぜか?ですが、Googleドキュメントは動かすOSがWindows、Android、ChromeOSだと「句読点、改行を音声コマンドで認識してくれないこと」からです。音声コマンド(「まる→。」「てん→、」「改行→文を改行」)が効かないようになっていて、これを回避するには現状iOSデバイスを利用する必要があります。

なので私の場合、次善策として「iPhoneSE」を利用している状態です。

f:id:takemako:20180402075043j:plain

やはり理想は「どのOSでも音声コマンドがGoogle音声入力」で使えることと言えるでしょう。

改善されれば、Googleドキュメントでの音声入力はどの組み合わせよりもエコで生産性が高い入力方法になります。なかなか対応してくれないのは、なぜか?リクエストがすくないからでしょう。幸い勝間和代さんが声(ブログ)を上げてくれています。 

つまり、音声入力の選択において、句読点は入るけれどもいまいち変換が賢くない iOS を使うのか、句読点は入らないけれども変換が賢い Google を使うのか、という二択の中で揺れ動いているわけです。 さっさと Google の音声入力が日本語句読点対応になってくれればこんな変な悩みはないのですが、なぜやってくれないのか不思議です。フィードバックを返すところがあるのでそこでリクエストを出しておきたいと思います。

しばらく音声入力を、Googleの音声入力に統一してみる方法を試してみたいと思います。 - 勝間和代が徹底的にマニアックな話をアップするブログ

 著名人の方がリクエストするのは影響がでかいはず!

これを好機にして、ぜひとも「Google音声入力での句読点と改行への認識改善」をリクエストしましょう!

リクエストはどうするか?→Googleドキュメントからヘルプとフィードバックから

リクエストはどうするか?ですが、Googleドキュメントを開いて「ヘルプとフィードバック」をクリック、フォームを開いてリクエストが行なえます。

f:id:takemako:20180402080008p:plain

声を上げれば状況は変わるはず。Googleの音声入力で句読点を認識するようにGoogleにリクエストしましょう!