日常生活の質を毎日0.2%改善するブログ

日常生活の質を上げるために必要な行動、考えをまとめたり、検証したことをかき殴ってみるブログ。

Lambda+Twitter APIでつぶやきBotの作成開始。Twitterアカウント作成でいきなりつまづくw、API利用にはSMS認証が必要

土曜日は「JawDays2018」に予定通り参加。セッションは、AlexaSkillやサーバレスに関するものも多く勉強になりました。なにより同じユーザーのセッションを聴いたり、会話をするのはモチベーションの維持につながりますね。

感じたのは

・クラドネイティブな開発スキルをつけていくこと

・WEBサービスいかに早く提供できること

これからの自身のみならず周りの価値向上のキーになるということ。

胸を張って「AWSできます」というには自分でサービスを作るのが一番です。

ascii.jp

ということでサーバレスにチャレンジしていこうと思います。

ともあれ手を動かすということで、昨晩から「Lambda+Twitter APIでつぶやきBot」の作成を開始しました。

参考サイトは以下。わかりやすいです。

www.ketancho.net

まずはツイッターアカウントをお勉強用に取ろうとしたところでいきなりつまづきましたw。

アカウントの登録自体は使っていないメールアドレスのみで行けたのですが、アプリを登録しようとしたところ「SMS認証による電話番号確認ができていないので利用不可」のエラーが起きました。

そこでSMSを受信できるワイモバイルのスマホの番号を入れたところ無事にアプリ登録できました。何年か前まではSMS認証必須ではなかった気がしますが、現在は基準が厳しくなっているようです。SMSを使うことはもはやないだろうと思っていましたが、思いがけないところで必要になりました。まだまだ必要ですね。

「ツイッターBotを作ろうと思ったらSMSを受信できるスマホの用意が必要」

ひとつ学びましたw